イキたいならタダリスだが、硝酸剤との併用で命の危険

世界中にEDで悩む男性がいますが現在は治療薬が開発され、いくつになってもイキたいと考える男性の強力な味方となっています。そういったED治療薬のひとつがタダリスです。これはシアリスというED治療薬のジェネリックとしてインドで誕生しました。シアリスとは有効成分タダラフィルを使用しておりこれが大きな効果を出していましたが、薬代が高いというマイナス点があったのです。しかし、タダリスには同様のタダラフィルが含まれ同様の効果があるにも関わらず、ジェネリックであるため非常に安価となっています。

服用方法ですが、性行為の3時間前に服用してください。これは血中濃度のピークが服用から3時間後となっているためです。そのため、すぐに性交渉をしたいと考えている方は注意しましょう。その後は穏やかに血中濃度が低下しますが、効果は24時間以上持続します。また、胃の中に食べ物が入っている状態では十分に効果を発揮しません。特に脂っこい食事をした後は吸収が妨げられてしまいます。そのため、確実に効果を発揮させたいのであれば、なるべく空腹時に服用をしましょう。そして、服用は1日1錠24時間の間隔を空けてください。

これには服用した際、副作用があるので注意しましょう。代表的なものは顔のほてり、鼻づまり、頭痛、視覚異常ですが、これらは薬の効果の無くなると自然に消えるので安心してください。ただし、ニトログリセリンなどの硝酸剤と絶対に併用してはいけません。最悪の場合、命を落とすリスクもあるので絶対に避けましょう。狭心症や心筋梗塞の発作を抑えるため、ニトログリセリン携帯している方は要注意です。また、服用して身体に不調を感じたら医師に相談してください。